データ作成ガイド | 紙力 | 相談からはじめる、かんたんネット印刷

データ作成ガイド

※データに不備がある場合は、印刷工程へ進むことができません。
データの再入稿、もしくはお客様から弊社へのご連絡が必要となり、受付日が延びる場合がございますので、データ作成の際は十分にご注意ください。

pdfPDFファイルで入稿する場合

PDFで入稿する場合は、以下の点にご注意ください。
  1. 画像の解像度は、350dpiが標準となります。
  2. PDFに変換する際には、文字化けを防ぐために、フォントを念のためアウトライン化してください。
  3. RGBの画像は、CMYKに変換してください。
  4. 両面印刷の場合は、表面と裏面の2つのファイルを作成してください。

aiAdobe Illustratorで入稿する場合

Illustrator(AI形式)で入稿する場合は、以下の点にご注意ください。
  1. カラーモードは必ずCMYKを選択してください。
  2. フォントは全てアウトライン化してください。
  3. 配置画像はすべて埋め込みにしてください。
  4. 断ち落しにする場合には必ず3mmのドブをつけてください。

psPhotoshopで入稿する場合

Photoshop(PSD形式)で入稿する場合は、以下の点にご注意ください。
  1. カラーモードは必ずCMYKを選択してください。
  2. 解像度は350dpiが標準となります。
  3. 低解像度にご注意ください。
  4. 断ち落しにする場合には必ず3mmのドブをつけてください。

idAdobe InDesignで入稿する場合

InDesignで入稿する場合は、以下の点にご注意ください。
  1. フォントのアウトラインについて
    フォントのアウトライン化によって、レイアウトが変わってしまう場合があります。
    入稿データとしてアウトライン化する場合は、「テキストフレーム全体のアウトライン化」を行ってください。
    • ※「インライングラフィックスとしてのアウトライン化」では、フォントのバウンディングボックスを基準に行うため、アウトライン化を行ったテキストの前後のバウンディングボックスの分だけ文字の位置がずれてしまいます。
  2. カラーモードは必ずCMYKを選択してください。
  3. PDFの配置には対応していません。

※Adobe サポートとラーニング

msMicrosoft Office系ソフトで入稿する場合

Microsoft Office系ソフトで入稿する場合は、以下の点にご注意ください。

※Office系のファイル形式でご入稿の際には、弊社にて印刷用のデータに変換した後に校正用のデータをお送りします。

※弊社でデータを変換するため、フォントや環境の違いによりレイアウトが崩れてしまう可能性があります。
校正用のデータをご確認いただき、レイアウトに崩れや文字化け等がないか必ずご確認ください。

  1. Office系データはフォントのアウトライン化ができないので、弊社対応フォントをご使用ください。
  2. Office系データのカラーモードはRGBに設定されています。
    校正用のデータはRGBからCMYKに変換され、色味が大きく変わる場合がありますのでご確認ください。
  3. 選択した商品によっては、極細線は印刷されない場合がありますのでご注意ください。

※Microsoftサポートページ

pagetop