製本仕様一覧 | 紙力 | 相談からはじめる、かんたんネット印刷

製本仕様一覧

中綴じ


中綴じ製本(針金綴じ)とは、本を開いた状態の紙(通常1枚で4ページ分となる)を重ね、
中央部分に沿って針金(ステッチ)にて止める製本方式です。
主な用途:会社案内/カタログ/会議資料/写真集/論文/プログラム/フリーペーパー 等


無線綴じ


くるみ製本(無線綴じ)とは、丁合の完了した折丁の背に糊を塗布して表紙を貼り付ける製本方式です。
中綴じよりもページのずれが少ないためページ数の多い冊子に向いています。
主な用途:カタログ/同人誌/写真集/文集/社内資料/会議資料/論文/教科書/マニュアル/文庫 等


スクラム製本


ホッチキス(針がね)を使わずに、2つ折りした用紙を重ねるだけの商品です。
怪我の心配が少なく、小さなお子さまやご年配の方が利用する場合に向いています。
またリサイクルや廃棄の際に分別の必要がありません。
主な用途:会報/広報誌/機関誌/情報誌/フリーペーパー/会議資料/プログラム 等


折り


最も簡単な製本可能の1つです。様々な折り加工の選択が可能です。
主な用途:チラシ/フライヤー/リーフレット/カタログ/プログラム 等
詳細は、折り方についてをご参照下さい。


平綴じ・肩綴じ


ホッチキス(針金)で止める製本です。
斜め1ヶ所の片綴じだけでなく、2ヶ所留める平綴じも可能です。
綴じ位置も各種あります。
主な用途:会議資料/議事録/会報/広報誌/社内報 等


天のり


製本用の糊で、冊子の背側を糊付けします。
1枚づつ剥がすことが可能です。
主な用途:ブロックメモ/レポート用紙/伝票 等


マーブル巻き


糊付けをした後、英語で大理石の意味のマーブル柄の紙を、冊子の背に糊付けする製本方法です。
のり付けのみで製本した冊子は、本文を簡単に剥がすことができるため、主に会社などで使う伝票に用いられます。
ミシン目加工を施したノンカーボン紙を挟み、複写伝票とすることも可能です。
マーブル柄でなく、様々なカラーもあります。
主な用途:複写伝票/領収書/受領書/納品書/請求書/メモ帳 等


クロス巻き


糊付けや針金でまとめた後、背の部分に布地(クロス)を巻きつけする製本方法です。
紙を使うマーブル巻きよりも強度があるため、開閉の多いものに向いています。
主な用途:複写伝票/領収書/受領書/納品書/請求書/メモ帳 等


ミシン目


各種伝票やチケット、クーポン等を簡単に切り取りしやすくするための加工です。
切り取るだけでなく、折り目として使用することも可能です。
通常のミシン目加工だけではなく、より間隔が細かく、切り離しが簡単なマイクロミシンもあります。
主な用途:各種伝票/チケット/クーポン券/くじ付きチラシ/割引券/応募ハガキ/申込はがき/ 等


穴あけ


穴を開ける加工です。
ファイルの保管用や、資料の整理整頓にも便利です。
追加や差し替えの多いマニュアル、連続した講座のテキストなどに最適です。
穴の大きさは直径4mm、5mm、5.5mm、6mm等があります。
一般的な2つ穴は、カタログや報告書等の冊子のファイリングに、
1つ穴はチラシやリーフレット、応募ハガキ等の陳列や、
中綴じ製本をした壁掛けカレンダー等があります。
西洋でも一般的な4つ穴タイプのバインダー、連続した穴の空いたルーズリーフ用などもあります。
また、ダブルリングワイヤーを使用した卓上カレンダーや壁掛けカレンダーにも使用されています。
主な用途:資料保存/マニュアル/カタログ/リーフレット/応募ハガキ/申込はがき/カレンダー 等


リング


角穴や丸穴を開け、ダブルリングワイヤーやプラスティックのリングや紙のリングで留める製本です。
フラットに開くことが可能なので、カレンダーや手帳、スケッチブックなどに使われます。
プラスティックのリングは、何度でも元に戻すことが可能なので、差替えやページの増量の可能性のあるものにも便利です。
主な用途:資料保存/マニュアル/カタログ/カレンダー/スケッチブック/手帳/メモ帳/レシピ 等

pagetop